仕事を受注した時点で資金調達!注文書や納品書でファクタリングが可能なビートレーディングの新サービス「注文書ファクタリング」。

注文書ファクタリングの申込を検討しているけれど、

  • 「普通のファクタリングより審査が厳しいのかな?」
  • 「審査基準は何?」
  • 「最速・即日で審査に通るコツは?」

気になりますよね?

融資・借入で審査されるのは「申込人の返済能力」ですが、ファクタリングで審査されるのは「売掛先の信用力」です。

ビートレーディングの注文書ファクタリングであっても、資金化のタイミングが違うだけで、売掛金の買取りサービスである事は変わりません。

主に審査されるのは「売掛先の信用力」と考えられます。

ビートレーティングの審査は最短30分とかなり早いですし、融資のような「信用情報照会」もありません。

「売却する売掛金の実態が確認でき、きちんと回収可能である」と納得してもらえれば審査に通ることができますので、しっかり準備して望めば恐くありませんよ!

社長
斎藤くん。今月、大型注文が立て続けに入ってるでしょ。今のままだと3ヶ月後の納品に製造が間に合わないからさ、機材を増やす事に決めたから。
秘書の斎藤
かしこまりました。
社長
それで資金調達しないといけないんだけど、ビートレーディングの「注文書ファクタリング」って、ウチでも審査通るかな?
秘書の斎藤
では注文書ファクタリングの審査について、確認してみましょう。

注文書ファクタリングの審査基準とは?

そもそも何でファクタリング会社は審査をするのか?

リスクを避けたい

買い取った売掛金の未回収リスク

未回収になるのはどんな時?

売掛先が倒産等で債務不履行(デフォルト)に陥った時
売掛先の会社がお金を払えなくなっちゃった時

つまり

ファクタリング会社は、売掛金未回収のリスクを避けるために売掛先が信用できるか?
倒産などのリスクはないか?

といった部分を知りたい!

融資、借入 → あなたの信用力
ファクタリング → 売掛先の信用力

         
あなたの財務内容はあまり問われない
信用情報照会も無い

極端なことを言うと、消費者金融から借り入れがある場合でも、信用できる相手からの売掛金さえあれば、ファクタリングの審査には通る可能性がありますよ。

・融資に落ちた人でも大丈夫
・赤字経営でも大丈夫
・税金滞納でも大丈夫

よくこんな謳い文句をファクタリングのサイトで目にすると思いますが、これはファクタリング会社があなたよりも売掛先の信用を気にしているからなのですね

とはいえ、申込人の状況を全く考慮しないわけではない

ファクタリングをしたら1ヶ月後には申込人が倒産してしまった!ではさすがに困るよね

なるべく大きな金額を安い手数料でファクタリングしたいなら、申込人の経営状況や借入状況などもいいに越したことはないでしょう。

さらに審査のポイントとしては売掛先の信用力に加え

売掛先の支払い期日
売掛先との取引期間の長さ
売掛金の一貫性
過去の支払い履歴
ファクタリング希望金額と事業規模のバランス
申込人の人柄や評判

なども審査される場合があるよ

いつもちゃんと約束を守ってくれる売掛先なら、信用してもいいかなって思えるよね。

また、これらのポイントは、手数料の金額にも関係する

注文書ファクタリングの審査に通りやすい売掛先とは

じゃあ信用力の高い売掛先って?

例えば

国・県・市町村の公的機関や官公庁
上場企業
金融機関

もちろん、こういった売掛先でないと通らないというワケではないよ

信用調査会社のデータなどで審査されます。

中小企業でも、長期にわたって定期的に売掛金が発生しており、問題なく支払いされていることが分かれば、審査に通る可能性は十分にある

注文書ファクタリングで審査落ちしやすい売掛先とは

逆に審査落ちしやすい売掛先は

個人事業主
経営の実態が不明
初めての取引相手
明らかに経営状態の悪い売掛先

こういった売掛先の場合は、ファクタリングの審査に通っても、手数料が高く設定されるかもしれません。

あとは、当たり前のことだけど、事業規模に対してファクタリングの金額が妥当か?といった点

申込人の人となりを面談で見極めたり、ネットで評判をチェックしたりする会社もあります

注文書ファクタリングの審査に最短で通るコツ

審査に通るポイントとしては

社会的信用度の高い売掛先の債権を優先的にファクタリングする
(公共機関、官公庁、上場企業など)
支払い期間までの売掛債権が短い債権を優先的にファクタリングする
事業規模にあったファクタリング希望額を申し込む
債券の譲渡登記をする

© 2021 ビートレーティング注文書ファクタリングの審査基準&最速で通るコツ